フリーランスの始め方-スタートアップガイド-

フリーランスになるなら白色申告と青色申告の違いをチェック

白色申告と青色申告はどう違う?

フリーランスにとって1年に一度、頭の痛くなるのが、確定申告の時期です。営業も仕事も自分でこなしているうちに、経理や帳簿などの整理は後回しになってしまい、申告前になって慌てて領収書を掻き集めるということになりがちです。

青色申告には特別控除のメリットが

確定申告を行う人の中には、白色申告と青色申告の区別があります。青色申告は、少なくとも「青色申告承認申請書」をあらかじめ、税務署に届出ておかなければなりません。そして青色申告が認められる場合に限って、最高65万円までの特別控除が認められることになっています。

白色申告にも帳簿作成が義務付け

青色申告をして最高65万円までの特別控除を受けるためには、複式簿記による記帳とその帳簿書類等の保管が必要です。一方の白色申告では、これまでであれば義務付けられていなかった記帳や帳簿類の保管が、2014年からすべての申告者を対象に義務付けられるようになりました。そのためこれまでは帳簿書類の作成が面倒なために、費用対効果を考えて白色申告を選択していた人も、敢えて白色申告を選択するメリットが小さくなっています。もっとも白色申告者が作成しなければならないと定められている帳簿は、簡易簿記で良いのであり、中身は家計簿程度のものであるため、それほど身構える必要はなさそうです。

青色申告の帳簿書類

青色申告にも2種類あり、最高65万円までの特別控除を受けようと思えば、複式簿記による必要がありますが、最高10万円までの特別控除であれば、そこまで厳格に要求されません。複式簿記による時、現金で経費を支払っているような場合にはそれほど問題にはならないでしょうが、クレジットカードを使用している場合などに、かなり面倒な記帳作業が必要となることがあり、頭を悩ませる人も少なくありません。というのもネットショッピングなどにも気軽に使うことが出来て、最近急速に普及しているクレジットカードを、個人用と事業用とを区別なく使用している場合に、一括で引き落とされる金額を、個人用と事業用とのそれぞれの内訳で明細から一つ一つ拾い出し、その上普通預金口座の引き落とし額と事業用の買い物の合計額との差を独特の方式で仕分けしなければならなくなるのです。もちろん個人事業主といえど、事業用と個人用との資金の流れを明確に区別するために、銀行口座を分ける方が良いのであり、現に開業時に新たな事業用口座を開設する人も少なくありません。しかしクレジットカードは、そもそも未だ信用のない開業時に何枚も審査に合格するかどうかわからず、また分けて使用したくても登録をやり直したり面倒な手続きが待っているので、やむなく事業がもう少し拡大するまで現状維持とすることもあるものです。

・青色申告と白色申告の違いと節税効果について(スモビバ)
http://www.sumoviva.jp/knowledge/tax-return-2.html

ページトップへ

Copyright © 2015 フリーランスの始め方-スタートアップガイド- All Rights Reserved.