フリーランスの始め方-スタートアップガイド-

徹底活用して仕事獲得!フリーランスエンジニアにはこれがおすすめ

フリーエンジニアの仕事獲得法

フリーエンジニアの華々しいサクセスストーリーを聞けば、誰でも始めから仕事が集まってくるように錯覚してしまうでしょう。それは偶然の出会いから一夜にして状況が一変し、後はとんとん拍子で何の心配もない、といった具合です。しかし多くのフリーエンジニアは、コツコツと営業努力を重ね、不安に苛まれながら日々新たな顧客開拓に勤しんでいるのです。

実績をアピール

まずそもそもその分野における実力が並外れており、独立前にすでに多くの人に顔と名前が知れ渡っていると言う場合には、クライアントの方から熱烈にラブコールが送られてくることでしょう。待っていても仕事がやって来るというわけです。それは卓越したスキルと知識で、その業界で知れ渡るほどの実績を重ねているという証であって、実績が名刺代わりになっているのです。このように目にも鮮やかな実績とまでは行かなくても、それなりのキャリアを積んでからの独立であれば、自ら誇れる実績を提示して、クライアント獲得に役立てるというのは大変有効です。最近では多くの人がブログやSNSやコミュニティサイトで情報を発信しており、手軽に利用できるアピールの場として活用しない手はないでしょう。

人脈を活かす

また特に人脈作りに励んできたという場合には、友人知人を介して仕事を紹介してもらえることもあります。信頼関係を大切にするようなクライアントの場合には、安心感があり、場合によっては長い付き合いに発展する可能性も高いのです。フリーエンジニアであれば、常に新しい知識や技術を、時流に乗り遅れないように習得しておく必要がありますが、その際に外部とのコミュニケーションを活発にして、普段から悩みを語ったり教えあったりすることが出来る相手を見つけておくことが大切なのです。たとえ単発には収入に結びつかないとしても、チームに参加したということを実績にアピールすることが出来ますし、そのような場で実力を披露することで、新たな出会いが生まれるかもしれません。また求人を出しているクライアントの情報が入れば、フリーランスとして受注する可能性も無きにしも非ずなので、試しに売り込んでみるのも良いでしょう。

専門のエージェントを活用

更に最近の慢性的なITエンジニア不足を受けて、フリーエンジニアの営業を肩代わりしてくれるエージェントが生まれています。自分一人の人脈ではつながりを持つことが難しいような大企業や大規模プロジェクトにも、選ぶエージェント次第では手が届くこともあります。もちろん最終的にその仕事を受注するかどうかを選択するのは、フリーエンジニア本人であり、どのような仕事を希望するのかといった点について、十分に担当のエージェントと話を詰めておくことが肝要です。フリーエンジニアの方なら、エンジニア専門のレバテックフリーランスがおすすめです。

・レバテックフリーランス
https://freelance.levtech.jp/

ページトップへ

Copyright © 2015 フリーランスの始め方-スタートアップガイド- All Rights Reserved.